卓球のフォアハンドドライブの打ち方のコツを公開

卓球のドライブの打ち方

卓球の試合のとき、フォア打ちの練習のようなサーブを出すと、強打でレシーブされた経験はありませんか?

そうされない為に、下回転のサーブを出してみると相手から同じ下回転のツッツキで返ってくることが多いです。

そうすると、ツッツキ対ツッツキになりますよね。

ツッツキのラリー中にボールが上がってくるとボールを打ちたくなりますよね。

思い切ってスマッシュをするとボールが自分のコートに落ちて相手のコートに入らないなんてことになります。

この下回転のボールは、自分のコートでボールがバウンドして回転しながら上に上がり相手のコートに戻ろうとします。このボールを普通に返すとボールが下に落ちます。

下回転のボールをミスしないで相手のコートに入れるには、ボールを下回転で返すか上回転(前進回転)にして返球するかになります。

この、ボールを上回転(前進回転)にして返す技術がドライブになります。

上手くなると相手の回転に関係なくドライブで返球することが出来ますが、まずは下回転のボールを基本のドライブで返球する打ち方を覚えましょう。
スポンサーリンク


ドライブの種類

ドライブには、フォアハンドドライブとバックハンドドライブがあります。

ドライブは打ち方で

  • ループドライブ
  • パワードライブ
  • スピードドライブ
  • ナックルドライブ
  • カーブドライブ
  • シュートドライブ
  • カウンタードライブ

などがあります。

今回は、フォアハンドドライブの基本的な打ち方を紹介します。

フォアハンドドライブの打ち方

相手の長いツッツキがバウンドして卓球台から出たボールをフォアハンドドライブで打つときは

  1. ラケットの構え方
  2. ラケットの使い方
  3. 体重移

の3つが重要です。

それぞれ大事なポイントがありますから、しっかり覚えてドライブを身に付けてみましょう。

ラケットの構え方

ドライブを打つ時は、ラケットを持ったときのグリップ(ラケットを持つところ)を、フォアハンドで打つときより少し柔らかく握ります。

ラケットを、コートの面に対して斜め下に引いて引いた反動でラケットを斜め上に振り上げます。

このとき、ラケットを持っている腕を後ろに引きすぎるとラケットを持っている方の肩が下がりラケットを持っていない方の肩が上がることがありますので気をつけて下さい。

ラケットは下げても肩は平行にするってことを心がけてみると良いです。

ラケットの使い方

ドライブは、下回転のボールを上回転にする打ち方なのでフォア打ちのようにラケットの面にボールをあてて打つと言うよりラケットの面でボールを擦りあげる(回転させる)感じです。

ボールを打つときは、フリーハンドも上げたり下げたりしないで、ボールを呼び込むようにします。

ラケットのグリップは、ボールを打つ瞬間だけ少し強く握ります。親指と人差し指に力を入れるか、小指から中指に力を入れるかはそれぞれですが、ボールを打つ瞬間だけ「クッ」て感じにグリップを少し強く握ることでより回転がかかります。

ラケットを斜め上に振る感覚がわかってきたらラケットを少しづつ速く前に向かって擦るように振ってみて下さい。

体重移動

ドライブは、下に回転してきたボールを上に回転させて相手のコートに返すのですから体重移動が重要になります。

回転によっては、手だけでも相手のコートに入ることもありますが、強い回転になると手だけで返球するのは難しくなります。

そんな強い回転のボールを打ち返すには、「足」「腰」「腕」の使い方にあります。

ドライブを打つときは、ラケットを持っている方の足に重心をおいて、腰をひねりながらラケットを斜め下にしてボールを打つ準備をします。

次に、ひねった腰を元に戻しながら反対の足に重心を移動させながらラケットを斜め上、頭の上あたりに擦り上げるように振ります。

ラケットを振るときの腕は、腰の反動を使いながらヒジを少し折りたたむイメージにします。細かいことですが、ヒジの使い方は抑えておきたいポイントです。

ドライブを打つときに注意すること

ドライブを打つときは、特に次の2つのことに気をつけてみてください。

体重移動を意識する

ドライブを打つときに重要になるのは、体重移動がしっかり出来ているかどうかです。

体重移動が出来ていると、ボールの質はもちろんですが、コントロールや安定したボールを相手のコートに入れることが出来るようになります。

体重移動は、自分では気がつきにくいものですからドライブの上手い方にチエックしてもらうと良いですね。

体を使ってドライブを打つ

ドライブを打つときに、手だけでボールを打っていないかと言うことです。

手だけで打つと、回転がかかりにくいので回転量の少ないボールになって、相手のコートに入れても簡単に返球されてしまいます。

また、ボールの回転が少ないと相手のボールの回転に負けてミスにもつながります。

「肩」「腕」「ヒジ」の使い方は大丈夫か、練習のときにいつも確認することをオススメします。

フォアハンドドライブを動画で見る

先ほど紹介したポイントを踏まえながら、フォアハンドドライブの動画を見るとより理解しやすいです。

まとめ

ドライブは、スマッシュのような直線的なボールではなく、ボールを上に回転させることでボールが弧線になります。

ボールが弧線になることで、相手のコートに入り易くなりますからミスも少なくなります。

いろいろなドライブを覚えると言うより、まずはツッツキのボールをドライブで返してはどうでしょうか。

卓球をするときに、ドライブが使えると卓球のプレーの幅が広がるだけでなく、体の使い方やボールの回転などがわかるようになります。

体の使い方やボールの回転がわかるようになると、自然に体が卓球をする動きになります。

自然に体が動くようになると、1つのことだけでなく、いくつもの技術を使って卓球が出来るようになるのでグーンとラリーが楽しくなります。

スポンサーリンク

卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です