卓球ラケットの全種類の特徴とオススメの選び方について

卓球ラケットの全種類の特徴とオススメの選び方について

卓球には、ラケットの種類がたくさんあり、持ち方や形が全く違います。

特に、卓球のラケットには大きく分けて「ペンホルダー」と「シェークハンド」の2種類あります。
そして、その2種類の「ペンホルダー」と「シェークハンド」の中にも様々な種類が存在することを知っていますか?

実際に、「ペンホルダー」と「シェークハンド」の2種類を知っている方は多いですが、その2種類の細かいところを知っている人は少ないです。

私が最初使い始めたときは、ラバーとラケットが一体になっているのを使いましたが、今ではラケットとラバーが単体になっているものが殆どです。
特に、初心者の時や何を使うかがまだ定まってないときは、何を選ぶか悩みますよね。

ラケットは個人の握りやすさが一番重要ですが、ラケットの種類を知っておくことで選べる幅がすごく広がります。

この記事では、卓球のラケットの全種類の特徴について詳しく書いてありますので、ぜひ参考にして選んでください。

スポンサーリンク


シェークハンド

シェークハンドは今一番使われているタイプです。
今から卓球を始める人は、殆どがシェークハンドから始めています。

昔はこの後紹介する「ペンホルダー」が主流でしたが、今から始める人で使っている人は殆どいません。

シェークハンドの特徴としては、持ち手の部分が平べったくなっているのが主な特徴です。
また、「シェークハンド=握手」というのに基づいて、握手するような感じで手にフィットしやすいように作られているので、初心者でも持ちやすくて扱いやすくなっています。

シェークハンドは主に両面(フォア・バック)を使ってプレイするのも特徴で、それぞれに違うラバーを使うことができます。
ブツブツしたラバーやツルツルしたラバーなどもあり、沢山のラバーから選ぶこともでき楽しいです。

世界でも有名な選手は殆どシェークハンドを使っており、日本でも福原選手や石川選手、男子だと水谷選手などみんなシェークハンドを使用しています。

ストレート(ST)

ストレートはグリップ(持つ部分)がまっすぐで太めに作られているので、どちらかといえば男性が使ってる割合がすごく多いです。

ストレートという名前を聞くと、一般的に使われているラケットと想像するかもしれませんが、そういうわけではありません。
特に、女性にはグリップが太くできているので、大会でも殆ど使っている人を見かけないです。

卓球の花形とも呼ばれる、ドライブを多く使う選手に多いのがこのストレートのラケットです。
世界では前中型で戦術を構成するヨーロッパの選手が多く使っている傾向があり、そのようなプレイスタイルをしてみたい!という方にオススメのラケットです。

フレア(FL)

フレアは上の画像のように、ストレートよりもグリップ(持つ部分)の所が細くなっています。
画像だけ見ると、ダンダン太くなっているように見えますが、下の部分がストレートと同じ大きさで上が細くなっているという構造です。

そのため、子供や女性のような手が小さい方にもとても人気で使いやすいです。
もちろん、私もこのフレアを20年くらい愛用して使ってます。

プレイスタイルでは中国選手のように、前よりの早く展開するような方が多く使われている傾向です。

※購入する際は「ストレート=ST」、「フレア=FT」と記載されているので確認して購入してください。

アナトミック(AN)

アナトミックは、ストレートとフレアの中間的な存在です。

画像を見ると、上から順に「細く太く細く太く」というように特殊な形をしています。
特殊な形と書くと、上級者しか選ばないほうが良いのかと思われる方もいるかもしれませんがそういうわけではありません。

実は真ん中が膨らんでいるのですが、この膨らみが持つときには丁度よく手の中でフィットするようになっています。
そのため、ラリーの中でも安定して握れるという特徴も合わせ持っています。

そのためアナトミックも、フレアと同様で女性に向いているラケットになっています。
私も、アナトミックを使っていた時代もありましたが、とても使いやすかったです。

コニック(CO)・テナリー

コニックは、ピストル型とも言われています。

上の3つで紹介したラケットとはグリップの形が見た目でもわかると思いますがグリップの部分が斜めになっています。

握ったときに自然にラケットの向きが作られるので、ラケットの面が安定しない人に向いています。
ですが、細かいテクニックは少し難しいように感じます。

フォアハンドやバックハンドがやりやすいので、上の3つで紹介したラケットはちょっと難しいなと感じた方や、これから卓球を初めてみようと思っているシニアの方にもお勧めのラケットです。

ペンホルダー

ペンホルダーラケットは通称ペンと呼ばれており、シェークハンドラケットと比べて見ると、見た目もそうですが持つところ(グリップ)が全然違います。

ペンは、親指と人差し指でペンを持つように握ることから「ペングリップ」と呼ばれています。
シェークと比べて使い方は難しですが台上の細かい技術がやりやすいと言われています。

ペンもシェークも耐久性は特に変わらないので、好きなほうを選んで大丈夫です。

ペンにはおもて面だけにラバーを貼るタイプがありますので、もしかしたらオモテ面だけにラバーが張ってあるタイプを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
ですが、ペンは特にそういう決まりはなく両面にもラバーを貼ることもできます。

今でも若い人も使っていますが、最近では特に男女ともにシニアで活躍している多くの方が使っています。

なぜかというと昔はシェークが殆どなかったため、ペンに慣れていてそのまま使っている選手が多いからです。
なので、これから始める人はシェークハンドが多いですが、ペンホルダーから始める方もいます。

どちらが優れているかはありませんが、使わないとしても対戦相手で出会うこともありますのでペンホルダーのそれぞれの特徴も知っておきましょう。

日本式ペン

日本式ペンは、一番よく見かける種類のタイプです。

グリップの部分がシェークと違い、出っ張っているのが日本式ペンです。

施設の貸出などでペンホルダーを借りると、このタイプのペンが出てくることが多かったりします。
特徴としては、片面にラバーが張られており、片面のみでプレイするというのが日本式ペンの最大の特徴です。

なので、初心者の時に使うと、シェークハンドより使いにくいというイメージを持たれる方も多いです。
ですが、日本式ペンはシェークより細かいテクニックがやり易いというメリットも持っています。

また、3種類あるペンホルダーの中では、日本では一番使われていますで今でもよく見かけます。

中国式ペン

中国式ペンは、日本式ペンと違い両面にラバーを貼ることができます。

ペンホルダーと言っても、グリップの部分が出っ張っているわけではなくシェークのグリップが短くなったような形をしているのですが、握り方はペンホルダーと同じ持ち方をします。

そして、グリップの部分が短くなっているため、日本式ペンと違い裏面使った戦術をすることが可能になっています。
そのため、日本式ペンの良いところと、シェークハンドの良いところを合わせ持っているという感じでもあります。

ただし、特殊な形でもあるため使うのが難しいというデメリットもあります。

日本で有名な選手で使っている方はあまり見かけないので、初心者にオススメできるラケットではないと言えます。
日本式ペンでちょっと物足りないとか、裏面もラバーを貼ってやってみたいという方には乗り換えを検討して良いのではというラケットです。

反転式日本ペン

反転式日本ペンは、グリップの部分がえぐれているペンホルダーです。

日本式ペンホルダーは片面しか使えなかったので、ラバーが片方しか使えなかったデメリットを両面にラバーを貼り、そして反転しやすい構造で無くしたのが反転式日本ペンです。
そのため、ラケットをくるくる回しながら戦うことになるので、非常に難しいラケットです。

使っている人も殆どいませんし、使いこなすには練習も技術量もかなり必要になってきます。

はっきり言って、難しいのであまり選ぶのはオススメしないです。

ラケットは何を選ぶのが正解なのか?

ラケットはどれが正解とかはありません。

実際に使ってみて、手になじむのが一番です。
ただ、そうは言ってもこれだけ種類があると、相談する相手もいないし選ぶのも大変ですよね。

今の主流はシェークハンドが殆どなので、これから始めようという初心者や中級者は間違いなくシェークハンドをオススメします。

なぜかという、シェークは使いやすさがペンホルダーと比べて圧倒的に違います。
一度両方使ってみると圧倒的にシェークハンドの方が使いやすいのがわかります。

ただし、シェークハンドと一言で言っても種類がたくさんあるので、現在の技術や戦術、練習量によって決めるのが大切です。

オススメの卓球ラケット

私がオススメするのは絶対にシェークハンドです。

ラケットは今でも色々試してますが、現在実際に私が使っているのはこれです。

おもて面卓球レディー使用ラケット2
裏面卓球レディー使用ラケット1

フレアの紹介でも書きましたが、私はシェークハンドのフレアタイプを使用しています。

これを今使っている理由としては、やっぱりグリップの部分が小さくできているので持ちやすいですし、何より自分の手にフィットして使いやすいです。

そこで、まず卓球をする人にまずオススメしたいラケットとラバーは、

ニッタク 卓球ラケットおすすめセット

これは「ラケットセット」と呼ばれるもので、ラケットにラバーを貼り付けて送ってきてくれます。

この部分はすごく大事で、ラケット単体とラバーをネットで購入してしまうと、あなた自身でラバーの貼り付けをしないといけないという大変な作業があるからです。

自分自身で貼り付けられる自信がなければ、それは絶対に辞めておいた方が良いでしょう。

また、このラケットセットは中級者オススメと書いてありますが、これはラバーの暑さで初心者用と中級者用で分かれて販売されています。

初心者用はラバーが「中」というやつなのですが、中級者用は「厚」というので販売されています。

そしてこの「厚」を選ぶことにより、ラケットが握りやすくて球も飛びやすいように設計されているので、実は初心者にこそオススメです。

なので、初心者だからと言って、初心者用と書かれているものを購入しがちですがそれはオススメしないです。

そして、ラケットのタイプは「ST(ストレート)」と「FL(フレア)」の2つから選べます。

女性の方でしたら年齢関係なく、男性より手が小さいので「FL(フレア)」を購入するようにしましょう。
男性でしたら「ST」「FL」どちらでも好きな方で大丈夫です。

ラケットとラバーの選び方ひとつで、試合での勝率も全然違うので、初心者用とか良く分からなくて使いにくいラケットなどを選ばないように注意しましょう!

この商品は人気の商品なので、もしかしたら見たときに在庫が無いかもしれません。もし在庫があれば無くなる前に注文してた方が良いです!

先ほども書きましたが、ラケットの選び方に正解はないので色々握ったり使ってみて試してみましょう。
卓球のラケットは高いから初心者に良いとか、そういうことはありませんので注意しましょう。

技術が高くないと使いにくいラケットも存在しますし、使っていくと物足りなくなるラケットもあります。
なので、ネットで買うのが不安、よくわからないという場合は、知り合いかお店の店員さんにやりたいことと現在の実力などを相談して決めるのが一番でしょう。

最後に

卓球のラケットは2種類しかないと思われがちですが、かなり多くの種類があります。

それぞれに特徴があり、自分に合ったラケットを使うのが一番です。
自分にあったラケットを見つけるのはすごく大変ですが、友達などに借りたりして使ってみて試してください。

そのうち、あなたにあったラケットが見つかってきますので、それを選んで練習していきましょう。
また、最初のうちでよくわからないという方は、子供や女性はシェークハンドのフレアが私はオススメです。

男性でしたら、シェークハンドのストレートも良いです。

まずは、使ってみて自分に合ったラケットを探していくと卓球をより楽しくプレイすることができます。

スポンサーリンク


卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


5 件のコメント

  • はじめまして。
    部活で卓球をやろうと思っているのですが、ラケットの種類がたくさんあって検索していたら、たどりつきました。
    同じシェイクでも持つところが短いのと長いのがあるようですが、短いのが中国式なのでしょうか?

    • 初めまして。

      見た目ではシェイクに見えますが、短いのは「中国ペン」です。
      シェイクの場合は、どの種類の長さも殆ど変わりません。
      ただし、中国ペンをシェイクのように使っている人もいます。

    • コニック・テナリーとラケット購入するときに書いてあって、具体的な違いがよくわらかないのでコニックとして紹介していました。
      会話ではよくテナリーとも言うので一緒だと思ってたのですが、具体的に違いがあるんですかね。調べても具体的に違いが出てこないので・・・・。

      • コニックとは直線的にグリップエンドへ末広がりになっているグリップです。
        フレアが曲線的、コニックは直線的になっており、今でもSTIGAなどののラケットに採用されています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です