卓球初心者が最初に選ぶ時に失敗しないオススメのラバーの選び方

初心者が最初に選ぶ時に失敗しないラバーの選び方

卓球のラバーには色々な種類があって選ぶのがすごく大変です。

ラバーだけでも球の飛び方が全然違うものになりますし、最初の頃に特殊なラバーを選んでしまうと、上達してきたころには癖がついてやりたい技術が身に付かない恐れもあります。

それほど初心者や初級者の頃に、ラバーに付いて知らないで選ぶと後々の技術にすごく響きます。

私は、最初の頃はもちろん「これがいいよ!」と言われて何もわからず使っていましたが、絶対に自分でどういう性質のラバーを使っているのかは最初の頃から知っておくべきです。

知らないと、ラバーを変えたときになんで入らなくなったとか、単純にこのラバーは良い!とかの判断になってなぜ良いのかが全く分からないからです。

なので、自分のラバーがどういう性質か、特徴は何か、初心者の頃からでも最低限は知っておきましょう。

スポンサーリンク


ラバーの種類と特徴

ラバーの種類は、裏ソフトラバー・表ソフトラバー・粒高ラバー・アンチラバーと4種類あります。

それぞれの種類のラバーによって、ボールの回転やスピードはもちろんのこと、ボールを打った時の感覚も全く違います。

それでは1つ1つの種類と特徴を見てみましょう。

裏ソフトラバー

裏ソフトラバー

見ただけでわかると思いますが、一番一般的でゴムの表面が平らで指で触ると指に引っかかります。

ゴムが引っかかることでボールに回転がかかります。

裏ソフトラバーには、コントロール系、テンション系、高弾性、高摩擦、粘着系などがあります。

それぞれコントロール系を基準に、スピードや威力がでる、回転がかかる、などラバーの機能で分けられています。

表ソフトラバー

表1枚ラバー

言葉からもわかるようにゴムの部分がツブツブしているラバーです。

ボールに当たる部分が少ないのでラバーからボールが離れるのが早く、回転は少ないですが相手の回転に影響されにくいです。

ラバーには、ツブツブが縦に並んでいるものと横に並んでいるものがあり、粒の形状や大きさも色々あります。

表ソフトラバーには、スポンジが付いているのと付いていないのがあります。
スポンジが付いていないのは「表1枚ラバー」と呼ばれています。
画像は「表1枚ラバー」ですが、上から見た感じは一緒です。

粒高ラバー

表ラバーのツブを高くしたラバーです。

粒が高くて柔らかいので、回転をかけるのは難しいラバーになります。自分からボールを変化させると言うより相手のボールの回転で変化します。

アンチラバー

見た目は、裏ソフトラバーに似ていますが指で触るとツルツルしています。

ツルツルしているのでボールに回転があまりかかりません。

これから卓球を始める方にオススメのラバー

この4種類からオススメを選ぶとなると、ボールに回転もかかり、スピードも出てコントロールも安定して扱い易い、両面とも裏ソフトラバーがダントツで良いです。

それを踏まえると、私が昔使っていて、なおかつ今でもオススメできるラバーは「ヤサカ エクステンド」の厚さは「中か厚」です。

※同じ色は両面に貼れないので、赤色と黒色は別々に購入してください。

エクステンドは結構昔から出ているのですが、飛びすぎず飛ばなすぎず丁度良く、打つ感覚が身に付きやすいので初心者にはオススメです。

まず最初に考えることは、ボールを打った時に卓球台の中にボールを入れてラリーが出来ることです。

回転に特化しているもの、スピードが出てボールに威力が出る、そんなラバーを使えば直ぐに上達して強くなれるんじゃないのか!という気がしますよね。
でも実は、回転やスピードが優れているからと言ってコントロールも優れているのとは言えません。

なので、エクステンドのような丁度良い位置にあるラバーが、打つ感覚が得られるので初心者~中級者にかけてオススメです。

エクステンドは3800円位するので、もうちょっと値段を押さえたい方は「エクシオン ヴェガ ヨーロッパ」もオススメします。

ヴェガヨーロッパも癖がなく初心者からでも使えます。

どちらを選んでも初心者から使いやすく、基礎が身に付きやすいのでオススメです。

私としては、エクステンドの方が使いやすいと感じているので長年使用していましたが、あとは好みの問題や値段で決めても良いでしょう。

ラバーを選ぶ時に注意すること

オススメのラバーは先ほど紹介しましたが、それ以外に選ぶ場合は注意が必要です。

それは、「裏ソフトラバー以外」は初心者は選ばないようにしましょう。

なぜかというと、「表ラバー」「粒高ラバー」「アンチラバー」は初心者にはコントロールが難しいので、馴れるまでに時間がかかってしまいます。

そして、初心者は技術も基礎から学ぶ方が圧倒的に上達が早いため、一番身に付きやすい「裏ソフトラバー(中または厚)」を選ぶようにしましょう。

まとめ

ラバーを選ぶ時はラケットとの相性もありますが、選ぶときは適当になんでも組み合わせれば良いというわけではありません。

最初は基本的な技術がやりやすい、裏ソフトラバーを選ぶことをお勧めします。

技術の上達と共に、裏ソフトラバー以外も使ってみるのも良いと思います。

ラバーの種類でボールのスピードや回転、コントロールと言ったものが考えられないくらい全く違って来ます。
これから卓球を始める方や今のラバーに悩んでいる方は、良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です