卓球のサーブのルールをちゃんと知っていますか

卓球をしているならサーブくらい知っていて当たり前と思っている方がほとんどだと思いますが、卓球のサーブを出すときには実は細かいルールがあるんです。

例えば、ネットの目の前からサーブをいきなり打ったりすると、テニスコートと違って卓球は狭いのでそんな近い距離からボールをいきなり打たれたらどうすることも出来ませんね。

自分のコートにボールを入れてからネットを超えて、相手のコートにボールを入れるだけがサーブだと思っていませんか?

特に初心者の場合は、卓球で遊ぶとき卓球台の前に立って、どちらからともなくラケットでボールを打ってお互いに卓球台の中に入れるみたいな、そんな感じを見かけたりします。

卓球をやり始めの方でもサーブからの練習ってめちゃくちゃ少なかったりします。

卓球のサーブのルールの中には、サーブを出す側だけでなく、サーブを受ける側(レシーブ)の人に対しての気遣いのルールもあります。

スポンサーリンク


卓球の試合のときのサーブのルール

卓球のサーブを出すときには、主に5つのルールがあります。

例えば、試合でサーブのルールを知らないでいつも通り打ったら、ミスの判定をもらうことがあるかもしれません。

そんな時に、どれが合っているサーブなのかが分からないので、そもそも試合にならないという事になってしまいます。

だから、練習をするときから意識してサーブを出せるようにしておくことをオススメします。

サーブの構え方

サーブの構え方で重要なのは主に2つです。

  1. 手のひらをきちんと広げてボールを相手から見えるようにします。
  2. サーブを出すときは、静止して、相手が構えたのを確認してから出します。

1つ目は、手の中でボールを握ったままにならないように意識してください。

2つ目は、相手が構えていない時にサーブを出すとレット(やり直し)になります。

サーブのトスの高さ

サーブを上にあげることをトスと言います。

トスの時は5つの事を注意しておきましょう。

  1. トスは、ほぼ垂直に16センチ以上あげます。低いのはダメですが、高くするのは大丈夫です。
  2. ボールをトスするときの手の位置は、卓球台の高さより上から出します。
  3. 卓球台の下に手を下げてボールを上げるのもダメです。
  4. 1度トスしたボールを打たないで手にもどした場合は、ミスになります。
  5. ボールがラケットに連続して触れるのも、もちろんミスになります。
ボールをトスする時に手も一緒に上がることがありますから注意して下さい。

サーブの打ち方

サーブを打つときは以下の5つに気を付けましょう。

  1. サーブを打つときは、トスしたボールが落ちてくるところを打ちます。
  2. ボールが落ちる前にサーブを打つとミスになります。
  3. サーブは、自分のコートにバウンドさせてから相手のコートに入れます。
  4. 卓球台の中からサーブを出してはいけないことになっています。
  5. サーブを打つときに、体やラケットでボールを隠してはダメです。
ちなみに、1番の落ちてくる前に打つサーブの事をぶっつけサーブと言われていて、相手を不快にさせてしまいますから特に気をつけましょう。

サーブを入れるコース

サーブを出すときのボールを打つコースはどこでもよいわけではありません。

  • シングルスの場合は、相手のコートのどこにサーブを出しても良いです。
  • ダブルスの場合は、自分のコートのセンターラインの右半面から相手のコートの対角線の半面に打ちます。

つまり、お互いのコートの右半面ならどこにでもサーブを入れることは出来ますが、この半面からボールが出るとミスになります。

その他のルール

  • サーブがネットに当たって相手のコートに入ったときは、ネットインになり、サーブをやり直すことが出来ます。
  • ネットインの場合は、何回でもサーブを出すことが出来ます。
  • サーブがネットを越えないで相手のコートに入らなかったときはサーブミスで、相手の得点になります。

まとめ

卓球のサーブのルール「マジ、細かっ!」って、思いますよね。

でも、実はシンプルで単純なんです。

  • 簡単に言うと、サーブを出すときは手を広げてボールを相手に見えるようにする。
  • ボールを上にあげて落ちてきたところを打つ。
  • サーブを出すときは、相手からボールが見えるようにする。

ぶっちゃけ、これだけのコトです。

これだけのことですから練習のときから意識すると、誰でも直ぐに出来るようになりますよね。

ちゃんと出来ているか心配なときは、練習のときにサーブが出来ている方に見てもらうのも良いです。

試合に出てやる気満々でもサーブのルールを知らなくて、フォルト(ミス)なんてことになったらガックリすることになりますよね。

試合に出る時はもちろん、練習試合をするときもサーブのルールをきちんと理解してお互いに気持よく対戦したいものす。

スポンサーリンク

卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


2 件のコメント

  • >卓球台の中からサーブを出してはいけないことになっています。
    あまり言われていませんが、エンドラインの前で打ってはいけないという事ですよね。
    そういう人をよく見かけます。もっと注意してもいいのにと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です