卓球のレシーブの打ち方を基本から身に付ける方法

レシーブの打ち方

卓球の試合を始める時は、必ずボールを出す人つまりサービスから始まります。

そのサーブのボールをコートの上で受けて返球することを、レシーブと言います。

レシーブは、相手のサーブに素早く反応してボールを返すことが重要です。

なので、相手が出すサーブの回転の変化やボールがどこに来るかを予測出来ないとレシーブすることは難しいです。

そこで、レシーブを上手く打てるようになるには「レシーブをするときの構え方」「相手のサーブの予測と反応」「レシーブの打ち方」の3つを意識して練習することが重要です。

まずは、基本のボールの受け方を覚えて試合や練習にいかしましょう。

スポンサーリンク


レシーブをするときの構え方

レシーブするときに1番大切なことは、だれもが知っている当たり前のことですが、きちんと構えるってことです。

相手のサーブを受けるときに、卓球台の前になんとなく立っているとちゃんとしたレシーブを返球することは出来ません。

レシーブのときにきちんと構えるのは、相手のサーブに素早く反応してミスしないでボールを返すだけでなく、3球目攻撃で簡単に得点されないようなレシーブをするための準備になります。

そこでレシーブをするときは、次の3つのことを意識して相手のサーブに備えてみて下さい。

  1. 両足のつま先は、ほぼ卓球台に平行にします。
  2. ラケットは、胸のあたりでコートより高い位置に構えます。
  3. ラケットを構えたときは、肩の力を抜いて体をニュートラルの状態にします。

相手のサーブがどんな回転で自分のコートのどこに来ても動けるように準備するには、つま先を平行にすることで素早く動くことが出来るからです。

ラケットが体から離れていたりコートの下にあると、レシーブを打つ反応が遅れて相手のサーブをいろいろな打ち方で返すことが出来なくなります。

サーブを受けるときに、肩に余計な力が入っているとレシーブするときに返球する場所が限られてしまいます。

相手のサーブの予測と反応

レシーブは、相手のサーブの変化にすばやく対応できるようにしないとボールを返球することはできません。

相手のサーブがどんなボールなのか、どんなふうにラケットを出せば良いのか、ミスしないで返球できるかを予測しなくてはいけません。

それには、相手のサーブの回転によってラケットの角度を変える必要があります。

また、コートの「フォア側」「バック側」「前後」の、どの場所に返されても反応できるように意識するのも忘れないでください。

レシーブの打ち方

相手のサーブの変化や長さで、レシーブを打つときの体の使い方やラケットの角度を調整して打たないと相手のコートに入らない可能性があります。

  • 相手のサーブにラケットを出したら、ボールが落ちてネットを越えなかった。
  • サーブのスピードが速くて飛んでしまった。
  • よくわからない回転だからとりあえすラケットに当てたら横に弾けてとんだ。

こんな経験、ありませんか?

こんなことにならないように、相手のサーブの変化に対応できるようにしましょう。

コートから出ない回転サーブは、ツッツキやフリックでレシーブします。

ツッツキでレシーブする場合は、手首に少し力を入れてボールのバウンド直後をレシーブしたり、手首の力を少し抜いてレシーブしてみて下さい。

このように手首の力を加減することで、レシーブするボールにも変化をつけることができます。

長めの回転サーブはドライブでレシーブし、打球のバウンドを見て手首に力を入れないで振り抜きます。

そしてドライブが難しい場合は、ツッツキでレシーブしてみてください。
また、ロングサーブはフォアハンドやバックハンド、ブロックなどでレシーブします。

そのとき、簡単に返球しないでレシーブのコースを考えることが習慣になると良いですね。

もし、回転のわからないと思ったレシーブは、相手のラケットと同じ角度でレシーブするようにしましょう。

と、言っても人によってそれぞれボールの回転が違いますから、そんなときは相手のコートの真ん中にレシーブしてみましょう。

相手のコートでバウンドした後のボールの変化で、ラケットの方向と角度を微調整してみてください。

相手のサーブがわかりやすいときは、フェイントで返してみるのも良いですね。

レシーブに自信のあるときは、積極的に回転をかけたりコースを狙うことにも挑戦していきましょう。

レシーブするときの心がまえ

レシーブは、サーブを受ける受け身のボールだと思っている人が多いですがそうではありません。

卓球のレシーブは、2球目から得点するレシーブエースやレシーブでチャンスを作って、4球目で得点につなげるサーブと同じくらい重要なボールと言えます。

そのくらい勝敗に影響のあるレシーブですから、卓球台の前に立ったときからレシーブを打つことに集中してみてください。

サーブは人それぞれ違いますから、練習のときからいろいろな方のサーブをレシーブすることでボールの感覚をつかむようにすることをオススメします。

まとめ

卓球のレシーブは、これでなくてはいけないと言うこはありません。

まずは相手のコートにミスしないで、ボールを入れることから始めてみましょう。

でも、せっかく練習しているなら今まで打てなかったレシーブを上手く打てるようになると卓球の幅が広がります。

練習のときの意識を少し変えるだけで、どんどんレシーブが出来るようになります。

レシーブが出来ている方は、さらに自分なりにアレンジしたレシーブを練習してみんなを驚かせてみてください。

スポンサーリンク

卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です