卓球のスマッシュの打ち方と3つのコツ

卓球のスマッシュの打ち方と3つのコツ

卓球は、「サービス」で始まり「スマッシュ」で終わると言われているスポーツです。

高く上がってきたボールを、ラケットで上から振り抜き一撃でポイントを取る必殺技になります。

練習や試合を見ていると、実にスカッとカッコイイですよね。

見ているとボールを上から叩きつけて得点になるってカッコイイし、しかもボールを叩きつけるだけだから簡単そうに思いますよね。

いざ、実際にボールを打ってみるとわかると思いますが、なかなか相手のコートに入りません。

卓球のスマッシュは、フリーハンド(ラケットを持っていない手)と腰とラケットハンド(ラッケトを持っている手)を使って全身でボールを打ち抜く技術になります。

ぶっちゃけ、スマッシュはスーパー難しいです。

でも、スマッシュの基本の打ち方を覚えれば誰でもスマッシュが打てるようになります。

誰もが憧れるスマッシュを打ちたいと思っている方や、スマッシュがなかなか決まらなくて悩んでいる方は参考にしてやってみて下さい。

スマッシュを打つときに抑えておきたい重要なことは、ラケットの構え方ラケットの角度とタイミング体重移動の3つになります。

スポンサーリンク


ラケットの構え方

スマッシュは、相手から飛んできたチャンスボールを打つのでラッケトの位置は、ボールの高さに合わせます。

当然、ラリーのときの高さより高くなります。

ボールを打つときは、肩を少し後ろに引いてラケットをボールにあわせます。

この時、ボールを入れることだけに意識が行き過ぎると「手」だけで打ってしまいがちですが、スマッシュを打つときは「フリーハンド」と「腰」を使って全身の体重移動で打つと言うことを意識してください。

フリーハンドがだらりと下に下がっていると、手だけで打つようになってしっかりスマッシュが打てないです。

手だけでボールを上から強く打ってもカラダ全体で打つのと違って、自分で思っているほど威力が出ていません。飛んでくるボールの回転に対してもコントロールするのが難しいです。

ラケットの角度とタイミング

スマッシュを打つときは、インパクト(ラッケトでボールを打つ瞬間)では、ラッケトの面が相手を向いています。

ラケットの角度は、フォアハンドのラケットの角度とだいたい同じでヒジはそのままの位置でラッケトはボールの高さに合わせて高くします。

チャンスボールがきたら、フリーハンドでボールを呼び込みながら左肩を少しまえに出して腰をひねります。

このとき、ラケットハンドだけを引いてボールを打とうとすると胸が開いてボールを打った時にヒジが上がることがあるからです。

スマッシュを打つときは、フリーハンドで呼び込んで斜め後ろにした腰を前に戻しながら、ラケットハンドで振り切るようにしましょう。

スマッシュを決めるつもりで、ボールをいきなり強く打っても上手くいきません。

スマッシュの練習をするときは、スマッシュを打つ力を10割として7割から8割り程度の力で打つ練習をして、タイミングをつかんで来てから力加減を調節して打つと言うふうにしてみることをオススメします。

体重移動

スマッシュを打つときは、「足」の体重のかけ方はもちろんですが「腰」「肩」「腕」の動かし方も重要になります。

卓球をするときは、卓球台の上でのラリーには気を付けてボールを入れようとしますが、見ていると手だけでボールを打っている方をときどき見かけます。

目と手でボールを追いかけていると、どうしてもラッケトが先にボールのところに行くようになりますよね。

手が先に出ると足は動かなくなりますから、足が先か、または足と手を同時に出すようにするとカラダの体重移動が上手くいきます。

スマッシュは、フォアハンドを打つときよりもラケットを肩で後ろに引きながら腰を大きく回します。

スマッシュを打つ時は、フリーハンドでボールを呼び込みながら、ラケットハンド側の腰、肩、腕を後ろに引いて右足から左足に体重を乗せて全身で打ってみましょう。

スマッシュを打つときに注意すること

スマッシュを打つときは、手だけでボールを強く打とうとするとラケットを振ったときにヒジが上がります。

私も大事な場面で、体重移動ができていないのにボールの高さだけを見て手だけでボールを打つと、ヒジが上がってオーバーミスになっちゃいます、「ヒジ、ヒジ」とアドバイスをもらってなおしています。

特に、フリーハンド(ラケットを持っていない手)を下げてボールを打つと、ボールを打ったときに右の肩は上がって左の肩が下がってしまうので要注意です!

なぜなら、この打ち方では後ろから前にボールを打つと言うより、右から左に体が流れるのでスマッシュの確立が少なくなります。

そうなっちゃうと、せっかくチャンスボールがきてスマッシュを決めようとしても残念なことになっちゃいますよね。

また、スマッシュを打つときに、強く打とうとして肩や腕に力が入るとボールの回転に合わせるのが難しくなってミスにつながります。

なので、スマッシュを打つときに注意することは、カラダ全体を使いますが力は入れない。
力を入れるのはラケットでボールを打つ瞬間だけってことです。

スマッシュの威力は体の体重移動で決まるので、正しいスマッシュのフォームを身につけましょう。

まとめ

卓球と言うスポーツは、自分一人でやるのではなく相手のボールを打ち返した得点で勝敗を決めるスポーツになります。

卓球は、相手のボールを打ち返すわけですから、相手のボールの回転やスピードに合わせてラケットでボールを打つときの角度の調節とタイミング、ラケットを振る時の力加減が重要です。

正しい打ち方で練習していると、自然に体が動いてスマッシュが打てるようになります。

スマッシュが打てるようになったら、1球だけでなく2球、3球と連打でスマッシュが打てるようにしましょう。

スマッシュには、他にボールが頭の高さの上にくるボール(ロビングボール)を打つロビングスマッシュがあります。

スポンサーリンク

卓球を最短で上達する方法



もし、今よりも卓球を上達したいと思っているならば、トップ選手のテクニックを学ぶことが絶対に必要です。

・初心者〜中級者レベルである
・しっかりとした知識を身につけたい
・試合や練習でミスが多い

と少しでも感じているならば、今まで知らなかったコツを知ることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です